2018.11.17 新着記事を更新しました!

産後の入院生活はどうだった?辛くて過酷でした

高齢出産の私が、出産後の入院生活はホント辛かったと感じた話をまとめました。

 

スポンサーリンク

産後の入院生活はどうだった?辛くて過酷でした

赤ちゃんを産むまでの、産後の入院生活のイメージは

069971

産後の入院生活のイメージは…

 

陣痛と分娩さえ乗り切れば、万事無事完了~!その後の入院生活は、可愛い赤ちゃんと一緒に上げ膳据え膳の食事を取りながら、ゆっくり身体を休ませられるホテルライクな日々が待っている~

 

と、勝手に思っていました。

 

というのも、当時購読していた育児雑誌で産後の入院生活についての記事を読んだら、「赤ちゃんを産んだあとの入院生活は、ゆっくりできそう~」と思える内容でしたし、

 

また友達同士のメールのやりとりで、出産経験者の友達から出産を終えたばかりの友達に「退院したら大変な毎日だから入院中はゆっくりしてね」といったメッセージがよく送られているのを読んで、「入院生活は、ゆっくりできるんだ~♪」と思い込んでいたからです。

 

産後の入院生活が実際はこんなにも辛くて過酷だとは!

Cry

分娩が終わった日の夜は、赤ちゃんは産院の保育器で預かってくれていて私は部屋で一人過ごしました。

 

でも夜は頭が興奮状態なのと会陰の違和感(たぶん麻酔が効いていたのか、このときは痛みはあまりありませんでした)で全く眠れず…

 

疲労感から眠れると思っていたので想定外でした。

 

そんな睡眠不足という状態でスタートした入院生活。出産翌日には助産師さんから授乳の仕方を教えてもらい、それ以降は部屋で赤ちゃんと一緒に過ごすことになりました。

 

産後の入院生活はどうだった?~まず何よりも苦しめられたのは、会陰の痛み

分娩時に複雑に切れて縫ってもらったあと、翌日からはずっと引きつった感じとズキズキとした痛みが続き、椅子に座ろうものなら会陰が痛い!痛い!こんなに痛いとは!またまた想定外(泣)

 

そこに慣れない赤ちゃんを抱っこして授乳の姿勢をとると、余計に痛む!縫ったところが裂けてきそうな感覚!

 

こちらの記事では、この時大活躍だったドーナッツクッションについてご紹介しています。

出産後のおススメグッズは?ドーナッツクッションが大活躍!
分娩後、会陰の痛みにはドーナッツクッションが大活躍だった話をまとめました。 出産後のおススメグッズは?ドーナッツクッションが大活躍! 出産後、会陰が痛い毎日 別記事でも書きましたが、分娩...

 

産後の入院生活はどうだった?~次に苦しかったのは、眠れないこと

383600

 

夜中も数時間おきに授乳しなければならないのに授乳はうまくできないし、赤ちゃんも泣いて寝てくれないし…で、その後もちっとも眠れず!

 

こうして睡眠不足の状態が加算されていく中で、日中はやれ授乳だ、やれ食事だ、やれ検診だ、などやることだらけ!ゆっくり仮眠をとる暇もないではないかぁ(悲)

 

産後の入院生活はどうだった?~三つ目に苦しめられたのは浮腫み

211083

睡眠不足が続き、昼間も夜中も座って授乳と格闘しているうちにどんどん足に水分がたまっていき、なんと足が丸太のように浮腫んでしまいました。

 

足首の境目もわからないほど一直線の棒状になった足を見て、「これは象の足?!」と思わず自分でも笑ってしまうほど。助産師さんにも驚かれました。

痛みがあるわけではありませんでしたが、血流的にも良くないのでお薬がでました。会陰も相変わらず痛いので、そちらの痛み止めの薬も出て薬漬け状態(^^;

 

産後の入院中は、負のスパイラルに

こうして、会陰が痛い→眠れない→浮腫む→ 会陰が痛い→眠れない→浮腫む→・・・と悪循環に陥りました。

こんな状態では母乳もたいして出ず。赤ちゃんの体重が増えないため、母乳を飲ませたあとにミルクも足すことになり、夜中にせっせとミルクを作ってさらに睡眠不足…

511280

 

「あー!こんなボロボロな身体で赤ちゃんのお世話もするなんて、ツラ過ぎる!」
「早く退院して、実家でとにかく眠りたい!」(退院後は、実家に滞在する予定でした)とそればかり考えていました。。

 

なので、退院するときは本当に本当に本当に嬉しかったです。

 

最後に

以上、産後の入院生活の辛さを振り返ってみましたが、入院生活がすごくすごく大変だということをもっと最初から情報収集していたら、それなりに覚悟も出来てこんなに苦しく感じなかったのかもしれません。

 

ちなみに、食堂で他のママさんと話したり、部屋で可愛い赤ちゃんを見て過ごしたり、と楽しいこともちゃんとありました。が、辛さのほうが上回っていたわけです。

 

何せホテルライクな日々が待っていると勘違いしていましたから(苦笑)

 

高齢出産を甘くみていました(^^;

 

とは言っても、私のようなケースもあればそうでないケースもあって、例えば同じ産院でお友達になったママさんは「暇で暇で~、雑誌見て過ごしてる~」と羨ましい発言をしてました(^^)

 

二人目の出産ということで余裕もあったみたいです。でも一人目の時は、帝王切開で出産したら傷口が痛んで入院中かなり大変だったとも言っていました。

 

というわけで、入院生活の大変さは人それぞれですが、私のような辛かったケースもあるということがこれから出産を控えたママさん方に少しでもご参考になれば幸いです。

 

こちらの記事では、私の出産時の痛みについてご紹介しています。

出産の痛みはどうだった?本当に鼻からスイカ?私の体験をご紹介
出産の痛みはどうだったのか?本当に「鼻からスイカ」なのか?! 実際に私が体験して感じた、出産の痛みをまとめました。 出産の痛みはどうだった?本当に鼻からスイカ?私の体験をご紹介 出産...

こちらでは、個室で正解だった話をご紹介しています。

出産後の入院生活は、個室?大部屋?私は個室で正解でした
出産後の入院生活は個室で正解だった、と私が感じた話をまとめました。 出産後の入院生活は、個室?大部屋?私は個室で正解でした まずは私が出産した産院の、お部屋のタイプの選択肢について...

 

お読み頂き、ありがとうございました。