2019.9.17 遅くなりました!新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

【トイレトレーニング】我が家がおまるではなく補助便座を選んだ理由や感想

この記事は約6分で読めます。

トイレトレーニングを始める際、おまるか補助便座のどちらを用意しようか迷いますよね。

 

我が家はいろいろと調べて検討した結果、補助便座にしました。

 

補助便座に決めた理由や補助便座を使って正解だった感想、どう進めたかなどをまとめました。

 

スポンサーリンク

【トイレトレーニング】我が家がおまるではなく補助便座を選んだ理由や感想

【トイレトレーニング】おまると補助便座の長所短所

まずは、おまると補助便座のそれぞれの長所短所を挙げてみると…

 

おまるの長所

・家が広いなどトイレまでの距離が長い場合、おまるならすぐに用がたせる

・トイレを怖がる場合など、好きな場所における

・乗り物気分でまたがってくれる可能性がある

・両足が床について安定感がある

233222

おまるの短所

・毎回洗う必要がある

・おまるに慣れた後に、今度はトイレにも慣れないといけない

・置き場所をとる

 

補助便座の長所

・トイレに直接用が足せるので後始末が簡単

・おまるからトイレへの移行期間が無くて済む

・最初からトイレに慣れてくれる可能性がある

・コンパクトなものなら、旅行先などに持ち運び出来る

233256

補助便座の短所

・個室のトイレを怖がる可能性がある

・踏み台が必要になる

 

などがありますね。

 

以上の長所短所を踏まえて、我が家は補助便座に決めました。

スポンサーリンク

【トイレトレーニング】我が家が補助便座にした理由は

116857

最大の決め手は、後始末は簡単なほうがいい!と思ったからです。ただでさえ、やることだらけの毎日。少しでも負担軽減できるほうがいいですよね。

 

おまるだと毎回洗う手間がありますが、補助便座ならうんちやおしっこをそのまま流せます。

 

それに、いずれトイレで用が足せるようにするのが目標ならば、最初からトイレで慣れたほうが二度手間にならないと思ったからです。

 

まずは補助便座で試してみて、どうしても無理そうとなってからおまるを検討しても遅くないですしね。

 

【トイレトレーニング】補助便座はいつから?感想は?

ゆっくり補助便座に慣れていき…

補助便座を購入したのは子供が1歳半ごろでした。

 

補助便座で初めておしっこができるようになったのが、3歳直前の2歳11か月。

 

購入してから約1年半経っていました。その間、時々トイレに誘っても座ったり座らなかったりの日々。振り返って思うと、トイレや補助便座に慣れさせる期間だったと思います。

 

具体的にどう進めたかなど、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

補助便座!シンプルで洗いやすくてお手頃価格ならコレがおススメ!
補助便座を選ぶ時、どんなタイプにしようかと悩みますよね。私もいろいろと探した結果、ベビークラフト(永和株式会社)のシンプルな補助便座を選びました。 洗いやすくて、使いやすくて、4歳半の現...

 

そして、年齢が上がるにつれて補助便座に座ることに慣れていきましたので、おまるの必要性は全く感じませんでした。

578211

購入した補助便座は…

シンプルな補助便座にしたくて、ベビークラフト 補助便座 オレンジ(1コ入)【ベビークラフト】[便座 取っ手 補助便座 ステップ]を選びました。

 

おしっこがついたり汚れた時も、お風呂場や洗面所でサッと丸洗いできるのがとてもいいです。

 

軽いしコンパクトで、現在4歳の我が子も自分でセットして戻して…と日々大活躍中です。お手頃価格なのが、なおさら嬉しい商品です。

先程もご紹介したこちらの記事で、使用した補助便座について詳しくご紹介しています。

補助便座!シンプルで洗いやすくてお手頃価格ならコレがおススメ!
補助便座を選ぶ時、どんなタイプにしようかと悩みますよね。私もいろいろと探した結果、ベビークラフト(永和株式会社)のシンプルな補助便座を選びました。 洗いやすくて、使いやすくて、4歳半の現...

 

トイレトレーニングは補助便座にしてよかった

「このトイレでおしっこやうんちをするんだよ」と教え、最初から補助便座で進めていったせいか、そういうものだと認識してくれました。また親がしている様子を見せていたので、怖がらずに座ってくれました。

 

おかげで、我が家は補助便座だけでいけました。

 

おまるのように毎回洗う必要がなかったのも助かりました。補助便座にして本当によかったと思っています。

 

補助便座なしでもいける?踏み台は?

442716

トイレトレーニングを進めるにあたり、補助便座なしでもいけるか?とも考えましたが、無いと便座の穴からすっぽり落ちそうでした。なので、あったほうがいいです。特に年齢が低いうちは尚更必要だと思いました。

 

踏み台もあったほうがいいと思います。小さいうちは、踏み台があっても最後に抱っこして便座の奥に座らせてあげる必要はありました。ただ大きくなるにつれて、自分で踏み台にのって便座へ一人で座れるようになりました。

 

踏み台がないと、毎回抱っこで載せてあげる必要が出てきます。またいずれ足が踏み台に届いた時に、踏ん張りやすいと思います。

 

我が家で使用している踏み台については、こちらの記事でご紹介しています。

子供の踏み台~ベビービョルンのステップを使っている私の感想
子供が成長してくると、 ●洗面所での手洗いを自分でできるように ●トイレトレーニングを始める準備として ●台所でのお手伝いに などの目的で、踏み台の購入を考える方も多いと思います。 ...
スポンサーリンク

状況に応じておまるも

子供がトイレを怖がったりしたら、まずはおまるからというのも一案ですね。

 

年齢が上がってくると怖がらなくなる可能性もあるので、我が家のように補助便座のままでゆっくり慣れさせていくという手もあります。

 

また、幸い?狭い我が家のお陰でトイレにすぐに駆けつけられましたが、広いおうちなどトイレまでの距離がある場合は、おまるにすると助かるかもしれませんね。

578216

いずれにしても、親やお子さんの好みや状況に応じて、補助便座かおまるかを選ぶのが一番です。

 

私のように「毎回洗うのはちょっと…」「おまるからの二度手間はちょっと…」という方には、補助便座がおススメです(^^)

 

最後に

以上、トイレトレーニングに我が家が補助便座を選んだ理由や感想、どう進めたかなどをご紹介しました。

 

トイレトレーニングを気長にゆったりと、親もお子さんもハッピーに進められるよう、ご家庭に合ったものを選べるといいですね。

 

トイレトレーニングはおまるか補助便座かについて、ご参考になれば幸いです。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました