2019.12.6 新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

フライパンで作る簡単【ホットサンド】をご紹介!

この記事は約5分で読めます。

ホットサンドって美味しいですよね~(^^)

 

わが家は普段フライパンで作っています。

 

ホットサンドメーカー不要で、簡単に作れて、ちゃんと美味しいのでおススメです!

 

フライパンで作る簡単【ホットサンド】をご紹介します。

 

スポンサーリンク

フライパンで作る簡単【ホットサンド】をご紹介!

ホットサンドメーカーもいいけれど…

ちなみに、ホットサンドメーカーが欲しくて情報収集してた時期もありました。

 

普段フライパンは鉄製を使っているので、ホットサンドメーカーも買うなら鉄製のコレがいいなと思ったり。

でも家の調理器具はもう増やしたくないなーと思ったり。(キャンプ用のフライパンとしてはまだ候補中だけど(^^)

 

オーブントースターやグリルで出来るなんて便利!ってコレも気になったけど、

網にくっつきやすいという口コミが気掛かりだったり。

 

と、踏ん切りがつかない状態でした(^^;

 

そんな中、フライパンでも簡単にホットサンドが作れることがわかり、試してみたところ…

 

ホントに簡単&美味しく出来たので、それ以来おうちではフライパンでホットサンドを作ってます(^^)

 

では作り方をご紹介しますね。

 

フライパンで作る簡単【ホットサンド】の作り方

ご紹介する【ホットサンド】は、定番ハム&チーズです!

<材料>は
・食パン2枚(6枚切り←お好みで)
・溶けるチーズ(適量)
・ハム(適量)

 

①フライパンを弱火で温めながら、フライパンの上に食パン1枚をのせ、その上にチーズをのせます。(チーズはパン同士をくっつける役割をしてくれるので、端っこまで満遍なくのせます)

(↑私は油をひかずに作っていますが、お好みでバターなどを溶かしてから作っても)

 

②その上にハムものせ、

 

③さらにその上にチーズをのせます。(この時も満遍なく)

 

④もう1枚の食パンを上から重ねたら、フライ返しを使って上からギューっと押します。

なお、私はフライ返しを使っていますが、

 

・大き目のお皿をのせて上から手で押したり、
・パンの上にアルミホイルを被せ、その上に水をいれて重くなったやかんをのせたり、

といった方法もあるようで。やりやすい方法で作ってみて下さいね。

 

ちなみにフライ返しだとこんな感じでパンが凹んだりしますが、特に気になりません(^^)

 

⑤片面が焼けてきたら、ひっくり返して、

 

フライ返しで更に押しながら焼きます。

(↑わが家のフライ返しは、力を入れて押すといつもこんな感じでしなってます(^^;(安物?)

 

パンが少しでも薄くなるようギューギューとプレスすると、カリカリ&サクサクで美味しくなります(^^)

 

⑥両面がしっかり焼け、中にも火が通ってチーズが溶けたらOK!

 

ナイフで半分に切って、

 

出来上がり~!

 

チーズはトロ~リ!パンはサクサク!とっても美味しいです(^^)

フライパンがあれば、キャンプでも作れます。

 

卵やツナ、そぼろ&キャベツ、チョコレート&バナナに、あんこ&バターなどなど…

 

いろいろなレシピで作ってもいいですね!

 

なお火加減は、主に【弱火】&時々焦げ目を付けたりチーズを溶かすために【中弱火】にしながら作っています。

 

火が強めだとパンだけが先に焦げて、中はまだ火が通っていないということもあるので、【弱火~中弱火】でじっくり焼くのがおススメです。

 

(カットしたときにチーズが溶けていなかった時は、アルミホイルにのせてオーブントースターで焼いてしまってます。)

 

【ホットサンド】をフライパンで作る際の感想

フライパンで【ホットサンド】を作ると、

・パンのカタチ(山型・角型)や大きさを気にしなくていい(耳つきでOK!)
・好みの焼き加減・プレス加減にできる
・洗い物もラクちん
・フライパンを2つ使えば、2セット同時に焼ける
・調理器具を増やさずに済む

とメリット沢山(^^)

 

デメリットを考えてみたところ…

・コンロに付いていないといけない(オーブントースターで焼くように放置はできない)
・具だくさんのレシピだと、具がはみ出たり、焼きにくい可能性も
・パンを押す手間はある(フライ返しやお皿を使用の場合)
・パンに刻印は押せない

という感じかな。

 

ホットサンドメーカーで作る良さもあるけれど、

 

とりあえず手軽におうちでホットサンドを食べてみたい時は、

 

フライパンもぜひ試してみてくださいね。

 

最後に

以上、フライパンで作る簡単【ホットサンド】をご紹介しました。

 

ご参考になれば幸いです。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました