2019.8.21 新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

簡単おいしい!生クリームスコーン

この記事は約4分で読めます。

生クリームで作れるスコーンのレシピを知って以来、

 

わが家流にアレンジして、5年前ぐらいから作り続けているわが家定番のスコーンをご紹介します。

 

粉類に生クリームを混ぜて焼くだけだから簡単!しかも美味しい!

 

ぜひ作って見て下さいね。

スポンサーリンク

簡単おいしい!生クリームスコーン

簡単おいしい!生クリームスコーン~材料

材料はこちら。

・薄力粉 200g
・重曹(食品規格のもの) 2.0g(粉量の1%)
・きび砂糖 25g
・塩 ひとつまみ
・生クリーム 1パック(200ml)

 

●生クリームは、乳脂肪分45%や48%の生乳100%のものを使っています。

●ベーキングパウダーではなく、重曹を使うのがわが家流。自然素材で出来た食品グレードの重曹なので、人にも環境にもやさしいのが嬉しいところ。しかも、コスパがとってもいいのです。

 

今使っている重曹はコチラ。お掃除などにも使っています。

なお注意点として、重曹は粉量の1%分だけ入れます。(薄力粉200gなので、重曹は2.0gのみ)

 

それ以上入れると苦くなる可能性があります(^^;

 

ちなみに重曹は、他の焼き菓子(マフィンやパウンドケーキなど)にも、膨らまし粉として使っています。

 

ただドーナッツの場合は、重曹ではなくベーキングパウダー(アルミニウムフリーのもの)を使っています。←揚げた時、破裂する可能性があるそうなので。

 

簡単おいしい!生クリームスコーン~作り方

お次は作り方。

 

①予め、オーブンを200℃に予熱しておきます。ボールに、生クリーム以外の材料を全て入れ、ゴムベラでグルグルかき混ぜます。

 

②つぎに生クリームを入れます。

 

③ゴムベラでさらにかき混ぜて、ボソボソとまとまってきたら、

 

④今度は手でギュッギュッとつまむよう生地を混ぜながら、まとめていきます。

 

ギュッギュッと。

(この頃、空になった生クリームのパックを覗いてみると、底に生クリームが残っていることもあるので、それらもしっかり入れます。)

 

⑤段々とまとまってきたら、手で押しながら、何度か折りたたむようにしてまとめていきます。

↑パサついていて最初はまとめづらいですが、手で押しながら折りたたむように混ぜていくと、
だんだん馴染んできます。(どうしても水分が足りなくてまとめづらかったら、牛乳や水などをほんの少し足しても。)

 

⑥最後はこのようにまとまったらOK。(ボールの中に付いた生地もくっつけながらてまとめていくと、ボールがキレイな状態になって洗う時ラク)

 

⑦オーブンシートの上に取り出し、手で押しながら、直径15、16㎝ぐらい、厚さ2~2.5㎝ぐらいの円形に伸ばします。

 

⑧スケッパーで8等分にカット。(セルクルで丸く抜いたり、形はお好みで。)

 

こんな感じでカットしたら、

 

⑨オーブンシートの上に、あいだをあけて並べます。

 

⑩200℃に予熱しておいたオーブンで、17分ほど焼いたら完成です!

 

しっかり膨らんでます。外はサク、中はしっとりの生クリームスコーンが出来ました(^^)

 

いただきまーす!

 

パカっと上を割って、

 

ジャムを付けて食べると、とっても美味しいです!

↑苺ジャムやブルーベリージャムなど、ベリー系のジャムがおススメ!

 

混ぜるだけなので、本当に簡単!

 

このスコーンを作り始めて以来、バターで作るスコーンは作っていません(^^)

 

忙しいときは、手順を分けておくことも。とりあえずボールに粉類だけ計量して入れておいて、あとで生クリームを入れるところから作ったりもしています。

 

くま
くま

子供と一緒に作っても楽しいですね。

 

最後に

以上、簡単でおいしい生クリームスコーンをご紹介しました。

 

朝食やおやつに、よかったら作ってみて下さいね。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました