飴がまだ心配な幼児に、オススメしたいお菓子はラムネ~飛行機での耳抜き対策

シェアする

この記事の所要時間: 325

chakuriku_airplane

先日4歳の子供を連れて、家族で海外旅行に行ってきました。

我が子にとって初めての海外旅行、初めての飛行機でした。

飛行機に乗る際に心配だったのが、急激な気圧の変化が原因で耳が痛くならないかということでした。

一般的な耳抜き対策を調べ、そして実際我が子に効果的だったお菓子をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

一般的な耳抜き対策を調べたところ…

①つばを飲む

②寝る

③耳栓をする

④飲み物を飲む

⑤飴を舐める

⑥お菓子を食べる

などが、効果的のようです。

やはり、「ゴックン」とつばを飲み込む行為が、耳抜きに効果があるんですね。

我が子には、唾液が多く出て唾を飲み込む回数が増える「飴」が一番良さそうと思いましたが、まだ息子は飴デビューをしておらず、やはり飴で喉を詰まらせる心配がありました。

飛行機の耳抜き対策に用意したのは、「ラムネ」です。

ラムネは、口の中でシュワーっと溶けていき、その間唾液が出続けて唾を飲み込む回数も多いです。飴と同様の効果が期待できます!

それに、溶けやすい分、飴ほど喉を詰まらせる心配が減りそうです。

というわけで、ラムネを用意しました。IMGP0188 - コピー2

そして、いざ海外旅行当日。
離陸時は飛行機が動き始めた頃から、お口にラムネをパク!
(滑走路に入ってからでも、充分間に合ったなぁと、後でわかりました(^^;)

離陸してぐんぐん高度を上げても、子供は全然耳の痛みを感じている様子もなく、美味しいラムネにニコニコしてました(^^)
着陸時は、着陸予定の30分前位から高度が下がっていき、大人でも唾液を飲んで耳抜きが必要なほど圧力が掛かってくるのがわかったので、子供の口にラムネをパク!またまた美味しいラムネにニコニコな息子(^^)

私「耳痛い?」

息子「全然痛くない~」

ということで、ほっと安心しました。

結局、往路では離陸時と着陸時にラムネを5個位ずつ食べ、復路でも3個位ずつ食べました。心配していた耳の痛みはないまま旅を終えることができて、本当によかったです。

飲み物やお菓子もフライト中に飲んだり食べたりしましたが、離発着時の耳抜き対策としてはラムネだけで済みました。

幼児におススメ!安心安全な創健社のフルーツラムネ

今回役立ったラムネは、創健社 フルーツラムネの森(合成着色料不使用) 110g[ケンコーコム 創健社 ラムネ お菓子]【あす楽対応】です。

100%自然の原料で作られているとのことです(詳細は公式ホームページをどうぞ)。子供にはなるべく安心安全なおやつをあげたいと思っているので、とてもありがたい製品です。

飛行機だけでなく、普段の子供のおやつにもおススメです。

注意もお忘れなく

ただ、このラムネは今回4歳の我が子にはちょうどよかったですが、ラムネの大きさが直径約2㎝弱あって大き目なので、小さいお子さんには注意が必要です。

ラムネが喉に詰まる可能性もゼロとは言えないですので、くれぐれもご注意くださいね。

まとめ

☆一般的な耳抜き対策は、

①つばを飲む

②寝る

③耳栓をする

④飲み物を飲む

⑤飴を舐める

⑥お菓子を食べる

☆飴を食べさせるのが心配な幼児には、ラムネがおススメ

ラムネは…

・口の中で溶けやすい

・じんわり唾液が出続けて、つばを飲み込む回数が多い

・飴ほど喉を詰まらせる心配が少ない

お読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする