2019.11.10大変遅れました!新着記事を更新!(コチラをクリック)

国産でコスパ良し!だけど…「昔ながらの白いバスタオル」の感想をご紹介

この記事は約4分で読めます。

過去記事でもご紹介している、「昔ながらの白いタオル」は、

「昔ながらの白いタオル」~使いやすくて、乾きやすくて、コスパも良い!
パッケージを目にして心惹かれて以来、ずっと気になっていた林株式会社の「昔ながらの白いタオル」。 日本製で綿100%の真っ白な薄手のタオルが3枚入った商品なんですが、購入して使ってみたとこ...

日本製で、薄手で乾きやすくて、3枚入りでコスパも良く、わが家のお気に入りのタオルです。

 

家のフェイスタオル類は「昔ながらの白いタオル」でリピート中。

 

今の梅雨の時期も乾きやすいので重宝しています。

 

そして、この「昔ながらの白いタオル」には「バスタオル」版の「昔ながらの白いバスタオル」もあって、ずっと気になっていました。

 

今回ついに(!?)、「昔ながらの白いバスタオル」も購入してみました。

 

「昔ながらの白いタオル」と同様イイ点と、ちょっと期待外れだった点など…その感想をご紹介します。

 

スポンサーリンク

国産でコスパ良し!だけど…「昔ながらの白いバスタオル」の感想をご紹介

こちらが「昔ながらの白いバスタオル」

こちらが「昔ながらの白いバスタオル」です。

 

日本製。

 

「昔ながらの白いタオル」と同じように、オモテの文章も「使って使って使い倒してください…」と、イイ感じ(^^)

 

サイズは約60×120cm。

 

注意事項はこちら。

↑林株式会社の製品です。

 

なお、「昔ながらの白いタオル」は3枚入りですが、こちらの「昔ながらの白いバスタオル」は1枚入りです。

 

そしてお値段は、近くのスーパーで税別572円でした。

「昔ながらの白いタオル」と同様、日本製の、真っ白でシンプルなバスタオルがこのお値段は良心的です。

 

そしてこちらがバスタオル本体。

 

綿100%。

 

次に「昔ながらの白いバスタオル」の感想をご紹介しますと…

 

「昔ながらの白いバスタオル」の感想

思っていたよりも、しっかりとしたバスタオルでした。

 

というのも、個人的には「昔ながらの白いタオル」と同じような薄さを期待していたので(^^;

 

「昔ながらの白いタオル」のペラペラした感じ(←これが好き)と比べてしまうと、「昔ながらの白いバスタオル」はやや厚みのあるバスタオルでした。

単独で見れば、厚すぎもせず、薄すぎもしない、丁度いいバスタオルだとは思いますが。(と言っても、バスタオルの好みは個人差がありますね(^^;)

 

こちらは、一度洗濯したあとの状態。

ふわふわというよりかは、ややゴワっとしてますが、

 

シンプル&真っ白なバスタオルで、ザブザブ洗えて、清潔感があるのは、やはり「昔ながらの白いタオル」同様いいですよね。

 

「コスパのよい日本製のバスタオル」をお探しの方にもイチオシです(^^)

 

ただ…「昔ながらの白いタオル」とついつい比べてしまいますが、「昔ながらの白いバスタオル」はペラペラでは無かった分、畳んでもそんなにコンパクトではなく。

 

個人的には薄さとコンパクトさの点で期待外れだったのが残念でした💦

 

薄さとコンパクトさの点でも、やっぱりバスタオルは過去記事でもご紹介している「ガーゼ&パイル生地」のものかな~って改めて思いました。

ガーゼ&パイルのバスタオルが、薄手で乾きやすくておすすめ!
バスタオルって、大きくて厚手な分、洗濯機の中ではかさばるし、収納の引き出しの中でも場所をとるし、梅雨の時期や冬場に部屋干ししても乾きにくいし…など結構扱いにくい部分もありますよね。 我が...

 

最後に

以上、購入してみた「昔ながらの白いバスタオル」についてご紹介しました。

 

バスタオル選びのご参考になれば幸いです。

お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました