2021.7.20新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

100均ダイソー「粘着タック」壁へのポスター貼りに活躍中!気になる点もレビュー

この記事は約4分で読めます。

壁に漢字ポスターや子供が描いた、その他プリントなどを貼るのに、100均ダイソーで購入した「粘着タック」が役立ってます。

 

特に、わが家は画びょうがさせない材質の壁があって、今まではセロテープマスキングテープなどを使用してましたが、ヒラヒラと落ちてしまうことがしばしばあってプチストレスでした(^^;

 

使用して約1ヵ月ですが、100均ダイソーの「粘着タック」に変えてから、ピッタリくっついてて満足してます!

 

ただ本体の色がブルーなので、今後色移りが心配でもあるのは正直なところ(^^;

 

以下、詳細は本記事をチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

100均ダイソー「粘着タック」壁へのポスター貼りに活躍中!気になる点もレビュー

こちらが100均ダイソー「粘着タック」

こちらが100均ダイソーで購入した「粘着タック」です。

昔、同じような白の粘着グッズが家にあって使ってましたが、行方不明か使い切ったかで無くなり、最近はすっかり忘れてました。

 

なのでダイソーで見つけた時はラッキー!と思い購入。

 

詳しく見ていきますと…

 

粘着タック」は、メモ小物展示物などの貼り付け・固定に使える便利グッズ

練り消しみたいな素材で、繰り返し使えるのが特長です。

 

テープピン不要で、壁に穴を開けずに済みます。

 

こちらが本体。

 

使い方は、パッケージにも記載があるとおり、

 

適量をとって、

 

軽く練り丸めたら、

 

押しながら壁に密着させるだけ。

 

簡単♪

 

ちなみに、取り外すときは、↓端からゆっくりと剥がし、丸めるように転がしながら取り外すのがコツ。

 

また取り残しがある時は、他のタックを押し当てて一緒にくっつけて取るのがおすすめ。

一気に外す壁紙などが破れる可能性もあるので要注意です。

 

なお粘着力が低下したら、練ったり温めると粘りがでて、繰り返し使えます。

 

経済的でいいですね(^^)

 

ちなみに、注意事項にも「吸水性素材に長時間使用しないでください」とありますが、素材によっては長期間紙に貼ってると油分?が紙に浸みこむ可能性もあるので、ご注意くださいね。

袋に入れて保管する必要があるので、

 

同じく100均ダイソーでリピートしてるチャック式のに入れてます。

 

他にも、私が手作りした英語のプリントにこんな感じで付けて、

 

ギュッと壁に押し当てて貼ってます。

 

画びょうテープ不要なので、色々貼りたくなります(^^)

 

画びょうを買い足したり画びょうが落ちたりする心配がない点もいいですね。

 

ただ唯一気になるのはこのブルー(^^;

 

紙によっては、うっすら色が透けて見えるのが惜しいのと…

 

今のところ使用して1ヵ月で全然支障はないですが、

 

今後長期間使った場合の、壁紙への色移りが若干心配かな。。

 

白も出して欲しい(笑)

 

ちなみに今回記事を書くのに調べていて気づきましたが、ネットでも(100均ではないですが)粘着タックは売っていて、

 

こちらの「ひっつき虫」という商品↓は、だし評判もいいし、ちょっとの価格違いなので、次はコレでもいいかなと思ってます(笑)

 

最後に

以上、100均ダイソーで購入した「粘着タック」をご紹介しました。

 

粘着タック自体、学習用ポスタープリント描いた絵写真などなど、壁に穴を開けずに貼れるスグレモノ

 

お誕生日などの飾り付けを貼る際にも活躍しそうです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

なお白がいい場合は、「ひっつき虫」というこちらの商品が良さそうなので、併せてチェックしてみて下さいね(^^)

お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました