2019.1.14 遅くなりましたが新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

時計読みの練習に!セイコーの目覚まし知育時計が活躍中!

時計の長針と短針の読み方がまだイマイチわかっていない6歳の我が子…

 

そんな我が子の時計読みの練習に役立っている、セイコーの目覚まし知育時計をご紹介します。

 

スポンサーリンク

時計読みの練習に!セイコーの目覚まし知育時計が活躍中!

くもんの時計と迷って、セイコーの目覚まし知育時計にしました

こちらが、我が子が使っているセイコーの目覚まし知育時計。この時計であれば、長針と短針を区別して時間が読めるようになりました。まだ他の時計だとちゃんと読めませんが(^^;

(色違いでピンクもあります。)

 

ちなみにセイコーの目覚まし知育時計を購入する際に、迷ったのがこちらのくもんの目覚まし時計。

こちらくもんの目覚まし時計も、長針と短針が色分けされていて解りやすい時計になっていて良さそうだったんですが、

 

デザイン的には、可愛らしくてちょっとオモチャっぽい感じがしました。

 

現在6歳の我が子に今後も長く使って貰いたいことを考えると、

 

くま
くま

デザインとしてセイコーの目覚まし知育時計に軍配が上がりました(^^)

 

「セイコーの時計」としての安心感?期待感?もあり、購入に至りました。

 

詳しくセイコーの目覚まし知育時計を見ていきますと…

 

セイコーの目覚まし知育時計の詳細について

概要はこちら。保証書付。

 

そしてこちらがセイコーの目覚まし知育時計です。

 

外箱にも説明があるように、針と目盛が同じ色なのでわかりやすいんです。

 

このように長針(分)は赤で目盛も赤。短針(時)は青で数字も青。

↑それぞれの針が指している同じ色の数字を見ればいいので、このお陰で我が子も時計が読めるようになりました。

 

長針や秒針用に0~59までの目盛があるのがいいですよね。

 

また中央の円では、このように…

 

時間ごとに色分けして表示しているので、時間の区別がつきやすくなっています。

 

他の特徴としては、アラーム音が「電子音」か「ベル音」か選べること。

 

「電子音」のみ音量も調節できます。

 

ライト付きなので暗がりでも安心。

 

サイズはこんな感じ。厚みもあります。

 

上のボタンは「スヌーズ/ライト用ボタン」で、

 

スヌーズ機能は、約40分間は繰り返してくれるとのこと(^^)

 

裏面はこちら。

↑左のつまみで時刻やアラームをセットします。

 

アラーム時刻の設定では、アラームの針を反時計まわりにまわす必要があります。これはちょっと残念。どっちでも回せたほうが子どもも分かりやすいので。(時計まわりに回すとセット時刻より早く鳴りだすことがあるそうです↓)

↑アラームは、セットした時刻の7分前から7分過ぎの間に鳴るとのこと。ちょっとした幅があったんですね。←今回初めて気づきました(^^;

 

単2電池を1本使用です。

 

電池について

「単2マンガン乾電池1個」が付属されています。

 

電池は「単2マンガン乾電池」以外にも、「単2アルカリ乾電池」も使用可。

↑「単2アルカリ乾電池」のほうが長持ちするんですね。

 

セイコーの目覚まし知育時計の感想は

使い始めて約7カ月・・・

 

セイコーの目覚まし知育時計は、時計ブランドのものだけあってしっかりとした時計だなという感じです。

 

くま
くま

色もキレイでスッキリとした爽やかなデザインだと思います。

 

大きくなっても使えるデザインが気に入っています。親的に(笑)

 

ずっと続けて欲しいですね(^^)

 

日々時計読みの練習に役立っていて…

 

知育時計として文字盤も大きく解りやすいので、子どももこの時計でなら、

 

「今・・・さんじ…よんじゅうはっぷん」と、時と分を区別して読めています。

 

くま
くま

自分専用の時計が出来たのも嬉しいようで、目覚まし時計として朝の起床時にも役立っています。

 

アラーム機能があるので、「あと30分経ったら○○しようね」と一緒にアラームを設定して、時間のお知らせにも活躍しています。

 

最後に

以上、時計読みの練習に活躍している「セイコーの目覚まし知育時計」をご紹介しました。

 

入学祝いにもおススメです(^^)

 

よかったら、チェックしてみて下さいね。

色違いのピンクはこちら。

掛け時計もありました。

お読み頂き、ありがとうございました。