2018.7.19 新着記事を更新しました(こちらをクリック)

イヤイヤ期、お風呂に行きたがらない子供に効果的だった方法&役立った身近なグッズ

子供が2,3歳頃に、お風呂に行きたがらないことがよくありました。

そんな時効果的だった誘い方と、役立った身近なグッズをご紹介します。

スポンサーリンク

①イヤイヤ期:お風呂を嫌がる子供に効果的だった誘い方

普段遊んでいるおもちゃの中から、お風呂に入れても大丈夫なものを選び、「今日はこれでお風呂で遊んでみようか~?」と声掛け。

 

次に、おもちゃによって、風船などは「お水を入れるとどうなるかな~?」

スーパーボールやブロックなどは「お水に浮くかな~?」

空気入れのホースなどは「お水を入れて、消防士さんみたいに遊んでみようか~?」

と誘うと、我が子は「これ、お風呂で遊んでいいの~?」という反応から、「うん!遊んでみる!」という感じでお風呂に直行してくれました。

 

今では、毎回好きなおもちゃ(お風呂OKのもの)を自分で選んで、お風呂に持ち込んでいます。

 

②イヤイヤ期:お風呂で役立った身近なグッズ

それでも段々と、普段のおもちゃをお風呂に持ち込んで遊ぶことに飽きてくることもありました。

そんな時役立った身近なグッズは、

1.ストロー

juice_straw

「じゃーーん!今日はストローで遊ぼう!」ともったいぶって(笑)、ストローを登場させます。

 

そして普段飲み物を飲む際は、「ブクブクと吹いちゃダメ」と注意されて遊ぶことのできないストローですが、お風呂に持ち込む時は自由に遊んでOKとします。

 

すると我が子は浴槽で思いっきりストローを吹いて、ブクブクと泡の出る様子を長々と楽しんでいました。

 

2.ビニール袋

こちらももったいぶって、登場させます(^^)

小さいビニール袋でも、スーパーでもらう大き目のビニール袋でも、どちらでもOKで、

「この中に、お水を入れて遊ぼう!」と誘います。

すると、中にたっぷりお水を入れては逆さにして、ザーっと出しては楽しく遊びました。

ビニール袋に穴を開けると、穴から水が出てくる様子も楽しめます。

 

3.ペットボトル

drink_petbottle

こちらも、大小さまざまなペットボトルを使って、ビニール袋と同様に楽しめます。

水を入れたら蓋をしてシャカシャカと振ったり、中身は空のまま浴槽に浮かべても楽しいです。

また、蛇口の水を出しっ放しにする遊びは来ませんが、2リットルのペットボトルに水を入れて浴槽内で逆さにして流してあげれば、蛇口の水代わりに遊べます。

 

4.市販のプリンなどの空き容器

cup_jelly

こちらも、中にお水を入れては浴槽内でジャバジャバ水を出し入れしたり、これで洗面器にお水をためたりして遊びます。

また、おままごとの容器として遊んでも楽しいです。

 

最後に

以上、我が家のケースをいろいろとご紹介しましたが、

 

「普段はお風呂用でないおもちゃや身近なグッズが、お水に入れてお風呂で遊べる!」という新鮮さが、子供のお風呂に行きたがらない気持ちを一変させ、好奇心から「遊んでみたい!」と思ってお風呂に行ってくれるようです。

 

と言っても、眠たい時など何をして誘ってもダメな時はありました(^^;
そうならないよう、眠くならないうちにお風呂を済ませることも一案です。

 

尚、ストローでお水を飲んでしまう、ビニール袋を頭から被ってしまう、おもちゃに夢中になって足を滑らせてしまう、溺れてしまう、などして事故が起こらぬよう、くれぐれも目を離さず、お子さんの安全にご配慮下さいますようお願いします。

 

こちらの記事では、歯磨きのイヤイヤ対策についてご紹介しています。

2~3歳頃の歯磨きのイヤイヤはどう乗り越えた?我が家がした対策をご紹介
2~3歳頃のイヤイヤ期の歯磨きは、子供が嫌がることが多くて苦戦しがちですよね(^^; 4歳の我が子も今となっては食後の歯磨きはすっかり習慣化され、ごちそうさまの後はそのまま歯ブラシを取り...

 

お読み頂き、ありがとうございました。