2020.9.23新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

資生堂の「眉墨鉛筆」~コスパ良し!シンプル成分で使い心地もGOOD!

この記事は約6分で読めます。
管理人
管理人

管理人のミイ(@enjoykosodate)と申します。

かれこれ3年以上愛用しているアイブロウペンシル、資生堂の「眉墨鉛筆」。

 

定価200円(税抜)というプチプライスな上、シンプル成分で使い心地も良いのでとても気に入っています。

 

おススメのアイブロウペンシル資生堂の「眉墨鉛筆」のご紹介と共に、一緒に購入した資生堂の「シャープナーN 231」と「アイブロウブラシ&コーム」についても、わが家の口コミとしてご紹介します。

(追記:「アイブロウブラシ&コーム」は現在販売終了のようです💦)

資生堂の「眉墨鉛筆」~コスパ良し!シンプル成分で使い心地もGOOD!

ご紹介する情報は記事執筆時のものとなり、変更される可能性もあります。最新の情報は公式サイトで再度ご確認下さい。

資生堂「眉墨鉛筆」の色は4種類

こちらが「資生堂 眉墨鉛筆」です。

 

日本製

 

驚きの税抜200円! 資生堂にこんなプチプライスアイブロウペンシルがあったとはビックリでした!

↑私はこちらの眉墨鉛筆②を使っていますが、色は全部で、

①ブラック
②ダークブラウン
③ブラウン
④グレー

4種類あります。

 

ちなみに公式オンラインショップに記載されていた眉墨鉛筆の発売日はなんと1959年!(グレーのみ1965年)。

 

こんな昔からあったなんて!ロングセラー商品だったんですね!

 

コスパの良さ使い心地の良さからして、ロングセラーなのも納得です!

 

このまま廃盤にならずに、ずっと売られてて欲しいですね。

 

資生堂「眉墨鉛筆」ダークブラウン

ちなみに眉墨鉛筆②ダークブラウンの色味は、

 

ペンシル部分はこちらで、

 

手の甲に描いてみるとこのような感じです。

 

ダークブラウンの成分はこちら(ステアリン酸、モクロウ、ラノリン、水添ヒマシ油、スクワラン、トコフェロール、酸化鉄) 。成分はカラーによって異なります。

 

キャップは長目になっていて、

 

ペンシルの後ろに付けることによって、ペンシルが短くなってきても持ちやすくなっています。が、さすがに短すぎると握りにくそうですが。

 

資生堂「眉墨鉛筆」の描き心地は?

程よい芯の硬さで(想像していたよりソフトでした)、描きやすいです。自然な色合いも気に入ってます。

 

何よりこのコスパの良さがスゴイですよね。減りも少ないので、長持ちするのも嬉しいです。

 

【追記】資生堂「眉墨鉛筆」ブラウンもご紹介

その後、3番のブラウンも買い足してみましたのでご紹介します。

 

ちなみに開封時は、キャップ部分にミシン目が付いているので、こちらから開封できます。

 

ブラウンの成分はこちら(ステアリン酸、モクロウ、ラノリン、カルナウバロウ、水添ホホバ油、スクワラン、トコフェロール、酸化鉄 )。

↑ダークブラウンと比べると…
・ブラウンは「カルナウバロウ」というのが入っているのと、
・ブラウンは「水添ホホバ油」、ダークブラウンは「水添ヒマシ油」

となっている以外は、同じですね。

 

色味を見ていきますと、

 

ブラウンのほうが赤みのある茶という感じでしょうか。

 

迷ったら、税抜200円というプチプライスなので両方試してみるのもアリですね。

 

【追記】資生堂「眉墨鉛筆」グレーもご紹介

黒髪だしグレーも気になるな」という方のために、グレーもご紹介!

 

一番左がグレーです。

 

グレーブラウンダークブラウン色比較をしてみるとこんな感じ。

 

グレーの成分はこちら。

ステアリン酸,合成モクロウ,水添ヒマシ油,モクロウ,タルク,ワセリン,パラフィン,水酸化Al,トコフェロール,酸化チタン,カーボンブラック,酸化鉄

 

グレーを検討している方は参考にしてみて下さいね。

 

資生堂「眉墨鉛筆」の購入は…

購入は、資生堂公式オンラインショップがおすすめ。

 

というのも、なんと購入金額に関わらず1品から送料無料!眉墨鉛筆だけの注文でもOKなんて過ぎです。

 

★資生堂公式オンラインショップ→資生堂 眉墨鉛筆

 

薬局ドラッグストアによっては売ってないこともあったり、在庫切れだったりすることもありましたが、資生堂公式オンラインショップならその心配はほぼ無いですし、

 

どこで売ってるかな?などと販売店を探し回る必要もないのは有り難いですね。

 

また資生堂公式オンラインショップでは購入者レビューも見れるので、眉墨鉛筆口コミ評判が参考になります。

 

資生堂「眉墨鉛筆」と併用している2点

資生堂の「シャープナーN 231」

お次は同時に購入した資生堂シャープナーをご紹介します。こちらが「資生堂 シャープナーN 231」。

 

原産国ドイツ、定価は400円(税抜)。細目のペンシルにも使えるアダプターリングが付いています。また、削りカスを取り除くためのクリーニングスティックも付属。

 

本体がこちら。

削り方は簡単で…

 

細目のペンシルを削るときは、このアダプターリングは付けたままで、

 

眉墨鉛筆など普通の太さのペンシルを削るときは、アダプターリングを外して、

 

ガリガリ。

 

切れ味よく、使いやすいです。

↑先端は尖がり過ぎていないほうが好みなので控えめに削っていますが、もっと尖って削ることも出来ます。

 

やはり専用のシャープナーがあると便利ですね。

 

付属のクリーニングスティックは、このように本体から抜いて使います。

 

削りカスを取り除く際に便利です。

 

資生堂の「アイブローブラシ&コーム(ミニサイズ)206」

こちらの資生堂「資生堂 アイブローブラシ&コーム (ミニサイズ)206」も使っています。(追記:残念ながら、現在販売終了のようです💦)

 

日本製で、定価は500円(税抜)。

 

携帯に便利なミニサイズ。

 

コームはほとんど使ってないんですが、ブラシは眉を整えたり、ぼかしたりするのによく使っています。

 

3つ並べるとこんな感じ。ポーチにおさまりやすいサイズで、携帯しやすいのもいいですよね。

 

最後に

以上、オススメの資生堂眉墨鉛筆をご紹介しました。

 

鉛筆を削る手間はありますが、このお値段でこの使い心地、このコスパの良さはホント嬉しいです。

 

これからも愛用しづづけること間違いなし!と思ってます。

 

よかったら、チェックしてみて下さいね。

 

資生堂公式オンラインショップなら、なんと購入金額に関わらず1品から送料無料です!

資生堂 眉墨鉛筆

資生堂 シャープナーN 231

資生堂 アイブローブラシ&コーム (ミニサイズ)206
(追記:ミニコームは現在販売終了のようです💦)

 

お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました