2022.5.14新着記事を更新しました!(コチラをクリック)

100均ダイソーのゲーム「すごろくあそび」が楽しめます!

この記事は約6分で読めます。

100均ショップダイソーで見つけた「すごろくあそび」。

 

1冊に9種類のすごろくが入っていて、バラエティー豊かに遊べて、5歳の我が子と楽しんでいます。

 

ダイソーの「すごろくあそび」についてご紹介します。

 

【2021.9月追記】現在、大創出版のホームページをみると、残念ながらこの「すごろくあそび」は販売終了となってしまったようです💦

 

【2022.1月追記】100均セリアで「すごろく」が売っていたので購入し、わが子と遊びました(^^)後半に追記したので参考にしてみてくださいね。

 

なお値段は様々ですが、ネットでも「すごろく」が色々売られていたので、併せてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

100均ダイソーの「すごろくあそび」

ご紹介している情報は記事執筆時のものとなり、今後変更される可能性もあります。また店舗により品揃えや在庫状況は異なりますのでご了承ください。

こちらが100均ショップダイソーで購入した「すごろくあそび」。「3~4人からあそべる!」となっていますが、2人でも遊べてます。

IMGP3690 - コピー

↑こちらの「わくわく!すごろくあそび」の他に、店頭には「たのしい!すぐろくあそび」の計2種類がありました。

 

「すごろくあそび」のもくじ

こちらがもくじ。9種類もあるので、いろいろ楽しめます。

IMGP3693 - コピー

 

すごろくのサイズは、下記の通りワイドすごろくとショートすごろくの2種類あります。

IMGP3695 - コピー

 

「タイムマシンすごろく」や…

IMGP3707 - コピー

 

「回転ずしすごろく」、

IMGP3705 - コピー

 

「おかしの家に行こうすごろく」などなど。

IMGP3709 - コピー

 

スタート地点が4つもあるすごろくもあります。

IMGP3711 - コピー

お次は…コマ、カード、サイコロについて。

スポンサーリンク

「すごろくあそび」のコマ、カード、サイコロ

コマ、カード、サイコロは、冊子の中にあるので、

IMGP3694 - コピー

 

切り取って使います。

IMGP3793 - コピー

 

すごろくによってはカードを使うゲームもあるので、同じく切り取って使います。

IMGP3702 - コピー

 

切り取ったコマやカードはバラバラになってしまうので、小袋などに入れておくのがおススメです。

 

サイコロは、裏表紙の厚紙にあるので、しっかりとした紙質です。

IMGP3789 - コピー

 

数字と黒い点の2種類が表記されています。

IMGP3791 - コピー

 

準備ができたら、コマを立てて…スタート!

IMGP3800 - コピー

 

100均ダイソーの「すごろくあそび」で遊んでいる感想

「3戻る」「3進む」「1回休み」「スタートに戻る」など、ゴールまでの道のりにはいろいろあって、5歳の子供も楽しんでいます。負けたら悔しそうですが(^^;

 

くま
くま

ゴールまで長過ぎず、内容も難し過ぎず、幼児にもピッタリだと思います。

 

マスに書いてあるひらがなやカタカナを読んだり、数の数え方やルールを学んだり…知育要素が詰まっている点もいいと思います。

 

薄い冊子なので、持ち運びしやすいのもいいですね。(コマなどは紛失しないよう注意が必要ですが。)

 

あと、すごろくのマスの上にちょうど折り目があると、コマが軽いので立てにくいという使いづらさはあります…が、まあ仕方がないと思えるレベルです(^^)

 

【2022.1月追記】100均セリアで「すごろく」を購入

冒頭でお伝えした通り、その後ダイソーの「すごろくあそび」は販売終了したようです💦が、

 

100均セリアで「すごろく」を発見&購入しましたのでご紹介します。

 

こちらが100均セリアで購入した「すごろく」。店頭には4種類ぐらいありましたが、「でんしゃでいこう」を選びました。

↑対象年齢3歳以上。小3のわが子もかなり楽しんでます(^^)

 

こちらパッケージ裏面。

 

遊び方や、「コマ」と「サイコロ」の作り方は裏面に載っています。

 

日本製。バーコード情報はこちら。

 

箱の中には、「すごろく」と組み立て式の「コマ」と「サイコロ」が入っています。

 

「すごろく」を広げてみたところ。「にっぽんすごろく」となっていますが、厳密には「本州」のすごろくですね(^^)

 

主要な駅が載っていて、各地の名産品や有名スポットなどのイラストも載っています。

 

東北あたりはこんな感じ。

↑【追記】「盛岡の「花笠音頭」は山形では?」という口コミを発見。調べてみたら、「花笠音頭」は山形のものでした(盛岡は「さんさ踊り」が有名)。100均ならではの?こんなミスもあるようなので、子供には正しく教えないとですね💦

 

関西や山陰はこちら。

場所によっては「ふりだしにもどる」とか「3マスすすむ」などもあって、結構盛り上がります(^^)

 

「サイコロ」は簡単に組み立てられました。

 

のりじゃなくてセロテープで貼ってしまいましたが。

 

電車の組み立て式の「コマ」は6個入り。差し込み口が小さくて、組み立てるのにやや苦戦しましたが、

 

こんな感じで可愛く出来ました。

 

このコマで遊んでも勿論いいのですが、軽くて浮きやすく扱いづらかったので、

 

家にあった手持ちの人形?をコマ代わりに使いました(^^)

イラストも大きく見やすくて遊びやすいです。

 

スタートからゴールまでそんなに長くないので、ちょっと遊ぶのにも丁度いい感じ。

 

小3のわが子も結構楽しんでいて、ついでに日本の地理も覚えてくれたらいいなと思っています(笑)

最後に

以上、100均ショップの「すごろくあそび」をご紹介しましたが、お正月の家族団らんにもおススメのゲームです。

 

【2022.1月追記】冒頭でもお伝えしたように、残念ながらダイソーの「すごろくあそび」は販売終了してしまったようですが、セリアに行かれた際にはチェックしてみてくださいね。

 

近くにセリアがない場合には、値段は様々ですが、ネットでも「すごろく」が色々売られていたので、併せてチェックしてみてくださいね。

お読み頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました