2018.9.20 新着記事を更新しました(こちらをクリック)

毎日愛用しています!無印良品の家族で使える「こども食器」シリーズ

現在4歳の我が子が1歳半過ぎのときに、普段使う食器をプラスチック製の食器から、磁器の食器に切り替えました。

 

長く愛用できるものがいいなと思い、無印良品の「こども食器」を選びました。家族で使え、日々大活躍しています。

 

我が家で愛用中の、無印良品の「こども食器」についてご紹介します。

IMGP7310 - コピー

 

スポンサーリンク

無印良品の家族で使える「こども食器」シリーズ

こどもが自分で食べやすいよう、持ちやすく、すくいやすいかたちの器をつくりました。(中略)おとなも含めた家族全員で長く愛用できるよう、使い道を限定しない普遍的なデザインに仕上げました。同時に、入れ子にしたり、重ねて収納できる機能性も備えています。

引用:無印良品ネットストア

 

無印良品のこども食器は、子供が食べやすいかたちになっている上に、大人も使えるデザインになっています。可愛らしい形なのも気に入っています。

 

種類は、(2017年4月現在)

・仕切皿
・磁器皿(サイズは大中小の三種類)
・磁器碗(サイズは大中小の三種類)
・片手マグ
・両手マグ

がありますが、我が家は最初に仕切皿と磁器碗(小)、片手マグを購入しました。
(磁器皿(小)も購入してたんですが、その後不注意で割ってしまいました(^^;)

IMGP7315 - コピー

 

我が子が1歳半過ぎの頃の様子です。仕切り皿は重みがあって、手づかみ食べしている際にもお皿が動くことがなく、安定感がありました。ワンプレートで盛り付けもしやすいです。

o0480064012850828218 無印食器 - コピー

 

無印良品「こども食器」シリーズ~食べやすい仕切皿

無印良品ネットストアでの説明によると、仕切皿は、

スマイルを連想させる仕切皿のカーブは、試行錯誤の末、今のかたちに決定。

したものだそうです。こちらまで、にこやかになれそうな形です(^^)

 

仕切皿の周りの縁は、角度があってすくいやすい形状です。

IMGP7316 - コピー

 

最近は食べる量も増えてきて、すくう量が多くなってきたので、すくいきれずに指を添えながら食べていることもありますが(^^;

IMGP7318 - コピー

 

1~3歳ごろは毎食この仕切皿を使っていましたが、今はご飯茶碗で食べる習慣も身に付けてもらいたいので、この仕切皿は主にパン食の朝食に使っています。

 

最近の朝食です(^^) 副菜をちょこちょこっと盛り付けるのにちょうどいいです。

IMGP7107 - コピー

 

ちなみに我が家が割ってしまった磁器皿(小)は、この仕切皿のくぼみにぴったりおさまるよう作られています。

 

我が家は割ってしまったので、今は買い足さずに、こうして家にあるココット皿(←無印良品のものではないですが)を時々置いて使ったりしてます(^^;

IMGP7320 - コピー

 

無印良品「こども食器」シリーズ~使いみちの多い磁器碗

磁器碗は、大中小の三種類のサイズのうち、小サイズを持っていますが、使いみちが多くて大活躍しています。

 

ヨーグルトや、フルーツ、おやつを入れたり、

IMGP7108 - コピー

 

スープやお味噌汁を入れたりしています。小鉢としても使えます。

IMGP0513 - コピー

 

無印良品「こども食器」シリーズ~持ちやすい片手マグ

両手マグと迷ったんですが、使用期間が短そうだったので片手マグにしました。

 

片手マグは持ちやすくて、大きさもちょうどよく、倒れにくいのです。お水やお茶、毎朝飲む青汁バナナジュース、スープなどなど、子供が毎日使っています。

IMGP7335 - コピー

 

使いやすくて、買い足しました

片手マグと磁器碗(小)が使いやすかったので、その後買い足しました。仕切皿も気に入ってはいますが、一枚でもしっかりとした重さがあって複数枚あると重くて扱いが大変そうなので、買い足していません(^^;

IMGP7333 - コピー

 

磁器碗(小)は、毎朝のヨーグルトを入れるのにちょうどよく、家族で使っています。

 

片手マグは、複数あると、子供用にお茶とスープを同時に入れることができたり、遊びに来てくれたお友達にお茶やジュースを出すときにも重宝しています。

 

シンプルでカフェ風なマグなので、大人もスープカップとして使ったり、コーヒーをちょっと飲んだりするのにちょうど良くて気に入っています(^^)

IMGP7323 - コピー

 

磁器の良さも実感

離乳食のときに使っていたプラスチック製の食器も、扱いやすいなどのメリットはありましたが、一方で軽くて簡単に動きやすかったり、油汚れのヌルヌルが落としづらかったり…などの欠点もありました。

 

無印良品の「こども食器」に替えてからは、

・重みがあって、動きにくく、倒れにくい
・ヌルヌルした汚れも落としやすい
・割れないよう大切に扱う気持ちが芽生える(はず?! 笑)

など、磁器の良さを実感しています。

 

【追記】無印良品の磁器ベージュと色味を比較

無印良品には、磁器ベージュという器のシリーズもあります。我が家にある磁器ベージュとこども食器の色味を比較してみました。

 

右が磁器ベージュの食器です。磁器ベージュのベージュに比べると、こども食器は白です。(わかりづらかったら、スミマセン(^^;)

IMGP7385 - コピー

 

無印良品「こども食器」シリーズを購入するには

店舗の場合

以前、近所の店舗にこども食器の取り扱いがなかったので、店員さんに伺ったところ「一部の店舗のみでの取り扱いになっている」ということでした。

 

店舗に行っても空振りに終わらないように、事前にこども食器の取り扱いがあるか、または取り寄せができるのか、などお近くの店舗に聞いてみるのがいいですね。

 

通販の場合

無印良品の公式ネットストアで、購入することができます。

 

追記:ロハコでも扱ってくれるといいのですが、今のところ販売されていないようです。(2018.3.4現在)

最後に

無印良品の「こども食器」は、飽きの来ないシンプルなデザインなので、家族が使えるのは勿論のこと、子供が大きくなっても使い続けられるのがいいですね。

 

割れても買い足せるよう、ずっと変わらない製品でいて欲しいです。

 

よかったら、無印良品の「こども食器」チェックしてみて下さいね。

 

また、こちらの記事では無印良品でお得に使える「MUJIカード」についてご紹介しています。

『MUJIカード』~作らなきゃ勿体ない!無印ファンに嬉しいお得カード!
こちら過去記事でもご紹介している通り、普段から何かと利用している無印良品ですが… 以前からずっーと気になっていた、無印良品でお得に使えるクレジットカード「...

 

お読み頂き、ありがとうございました。