2018.7.16 新着記事を更新しました(こちらをクリック)

100均セリアで、雪遊び用にスマホの防滴ケースを購入してみました!

冬は、子どもとの雪遊びも楽しみのひとつですよね。

 

先日、雪遊びに便利そうなスマホの防滴ケースを100均ショップセリアで購入してみました。

 

ストラップ式や2重チャック式などの良い点の他、購入してからわかったちょっと残念な点も含めて、ご紹介します。

スポンサーリンク

100均セリアで購入したスマホの防滴ケース

こちらが100均ショップセリアで購入したスマホの防滴ケースです。

IMGP3453 - コピー

 

こちらが本体。

IMGP3461 - コピー

 

2重チャック式、そして首に掛けられるストラップ付(長さ約45㎝)で便利なんです。

IMGP3454 - コピー

 

ストラップが付いているお陰で…

 

雪遊びやスキー、スノボなどのウインタースポーツの他、野外フェスやプール、レジャーに最適となっています。いろいろなシーンで便利そう!キャンプや川遊びなどにも活躍しそうですね。

IMGP3459

↑しかも、ケースに入れたままタッチ操作が可能です。(なお上記にあるように、感圧式のホームボタンや指紋認証機能には使用できないとのことです。)

 

スマホの対応サイズはこちら。

IMGP3455 - コピー

 

パッケージ裏面には、対応サイズの目安が矢印で記載されています。購入前に、自分のスマホと比較出来たので便利でした。

IMGP3457 - コピー

↑耐荷重は約250gとなっています。

 

なおこちらは、「防水」ではなく、「防滴」を目的にした商品です。水やお湯に沈めたり、大量の水がかかる環境での使用は不可となっていますので、ご注意くださいね。

IMGP3458 - コピー

 

使い方はこちら。

IMGP3456 - コピー

 

このように2重チャック式なので、かなり安心ですよね。

IMGP3478 - コピー

 

しかも2重チャックをしっかり閉めたあとは、2回折り返してマジックテープで留める仕組み。

IMGP3479 - コピー

 

手持ちのドコモのスマホを入れてみました。

IMGP3480 - コピー

 

そして上から押してみましたが、ちゃんと操作できました!

IMGP3481 - コピー

ちょっと残念なところ

このケース、購入するまで気付かなかったんですが…

 

オモテ側(写真左側)は透明ですが、反対側のウラ面(写真右側)はやや曇った半透明になっているんです。

IMGP4022

 

そのため、そのままレンズが半透明側のウラ面に入った状態で撮ると、ボケた写真になってしまうのです。

 

なので、雪遊びなどで写真撮影をメインにスマホを使いたいときは、スマホのレンズが透明側の面になるよう入れておく必要があります。

 

ちなみに、半透明側の面からでもタッチ操作は出来ました。

 

両面とも透明だったら尚良かったのになーと思います。

 

【2018.2.1追記】その後100均ショップキャンドゥで、両面とも透明の商品に出会い購入しました!こちらの記事で詳しくご紹介しています。

雪遊び用に、100均キャンドゥのスマホ用「生活防水ケース」に買い直した話をご紹介
以前、雪遊び用にセリアで購入したスマホ用の防滴ケース。詳しくはこちらの記事でご紹介していますが… 上記の記事でもご紹介した通り、残念だったのがケースの片面が半透明だったこと。その...

最後に

以上、100均ショップセリアで購入したスマホの防滴ケースをご紹介しましたが、今年雪遊び出来たら早速使ってみたいと思います。

 

なお、気温が低い場所ではスマホのバッテリーの消耗が早くなる可能性もありますので、その点は気を付けて使用したいと思います。

 

ご参考になれば幸いです。

 

お読み頂き、ありがとうございました。