洗濯洗剤でもう悩まない!赤ちゃんも大人も一緒に使えてオススメ!宮本製作所の「ベビーマグちゃん」

シェアする

この記事の所要時間: 1313

赤ちゃんや子供におススメの洗濯洗剤ってどれだろう、大人も一緒に使える洗濯洗剤は?、赤ちゃん用洗濯洗剤はいつまで使うのかな…などなど、洗剤選びは何かと悩ましいですよね。

我が家は、子供が産まれてからは液体の洗濯用石鹸を使っていましたが…

その後、もう洗濯洗剤で悩まなくていい、画期的な商品に出会いました!

昨年の夏から、洗剤を使わないお洗濯ができる、宮本製作所の「ベビーマグちゃん」を使っています!

宮本製作所の「ベビーマグちゃん」は、柔らかなネット素材に、化学物質を使わない天然素材のマグネシウムが入った洗濯用品で、衣類にも身体にも環境にも優しいお洗濯ができるスグレモノなんです。

最初、「マグネシウム?何それ?」と意味不明に思ったり、マグネシウムでの洗濯に半信半疑だった私ですが(笑)、

使い始めてから約10カ月、今じゃもう手放せない、我が家の愛用品となりました(^^)

洗剤を使わない洗濯が出来て、エコで、時短にもなる、おススメの宮本製作所「ベビーマグちゃん」についてご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

こちらが宮本製作所の「ベビーマグちゃん」

こちらが宮本製作所の「ベビーマグちゃん」です。見た目がまずは可愛いですよね(^^)

IMGP0508 - コピー

そして、このテトラポット型のネット素材の中に、銀色した粒々…マグネシウムが入っているんです!

ちなみにこのネット素材は、有害な蛍光塗料を使用しない生地で作られているとのこと。

手に持つとこんな感じ。振るとシャリシャリと音がして、まるでお手玉のようです(^^)

IMGP0499 - コピー

この「ベビーマグちゃん」について、説明書やパンフレットを抜粋しながら詳しく見ていきますと…

宮本製作所「ベビーマグちゃん」の特長は?

宮本製作所の「ベビーマグちゃん」の成分は、純度99.95%の金属マグネシウムのみ。

IMGP0486 - コピー (2)

この宮本製作所の「ベビーマグちゃん」のマグネシウムが、なぜお洗濯に使えるかというと…

なんと、高純度のピュアマグネシウムを水の中にいれると、水素の気泡が発生してアルカリ性の水素水を生成し、その水にはとても高い洗浄力があるからだそうです!

IMGP0478 - コピー

その高い洗浄力を持った水でのお洗濯…

●洗浄力(皮脂汚れの分解率)は市販の合成洗剤と同等
●消臭力(ニオイ成分の分解率)は市販の合成洗剤の約10倍
●除菌(大腸菌)効果は99%以上

とのこと!

しかもしかも、その高い洗浄力のお陰で、洗濯槽や排水ホース、排水溝もキレイにしてくれるとのことで驚きです!

IMGP0482 - コピー

さらに、排水された後の川や海の水までキレイにしてくれるというから、

マグネシウム恐るべし!です(笑)

なお、「洗濯槽に付いた汚れが剥がれ落ち、洗濯物に付着する場合がある」と注意書きがあった通り…

我が家も使い始めて少し経つと、あのワカメみたいな黒い汚れが洗濯物についてきました(^^;

ベビーマグちゃんのお陰で洗濯槽がキレイになるのは嬉しいですが…あのワカメのような汚れを取るの、メチャメチャ大変ですよね(悲惨)

結局一旦、洗濯槽洗浄をしてから、ベビーマグちゃんの使用を再開しました。

なので、ベビーマグちゃんを使い始める前に、まずは洗濯槽掃除をしておくのがオススメです。

マグネシウムで洗濯できる仕組みやマグネシウムの特性などについては、公式オンラインショップに詳しい説明(ベビーマグちゃんの動画がわかりやすいです)がありますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

で、肝心な実際に使っている様子や我が家の口コミ・感想をご紹介していきたいと思いますが、

まずは、宮本製作所「ベビーマグちゃん」の使い方から。

宮本製作所「ベビーマグちゃん」の使い方は?

使い方は簡単!洗濯物と一緒に入れるだけ!(全自動、ドラム式、二層式に使えます)

IMGP0484 - コピー

使用目安は、下記にあるとおり、洗濯物の量によって変わります。

IMGP0463 - コピー

洗濯物の量はたまに少ない時もありますが、とりあえず3個もっていれば問題なし!と思い、我が家は3個購入。

そして、毎回このように洗濯物と一緒に洗濯機に投入しています。

IMGP0553 - コピー

洗濯→すすぎ→脱水まで入れっぱなしでOK!

液体洗剤だと毎回量って入れなきゃいけなかったし、たまにボタボタ垂れてしまうこともあったりしてプチストレスでしたが、ベビーマグちゃんならストレスフリーです(^^)

すすぎも1回だけ。

そして、終わったらこのように干すだけ~

IMGP0599 - コピー

ちなみに、乾燥機の使用は可能だけれど、メッシュ生地の傷みが早まる可能性があるので極力避けたほうが良いそうです。

なお、塩素系漂白剤との併用は不可となっています。(一般に市販されている過炭酸ナトリウムの酸素系漂白剤は問題ないとのこと。)

気になる宮本製作所「ベビーマグちゃん」の洗浄力は?

そして気になるベビーマグちゃんの洗浄力は・・・

まずは、ベビーマグちゃんを使い始めの頃にやってみた実験をご紹介。

こちらは、ハンカチにケチャップ(左)とブルーベリージャム(右)をつけて、水でちょっとこすってみたあとの状態です。

IMGP0623 - コピー

↑よく外食の時にありがちな、食べこぼしたところに水をチョンチョンとつけてこするイメージで…(笑)

これを、他の洗濯物と一緒にベビーマグちゃんの入った洗濯機で洗ってみたところ…

すっかり消えてました(^^)

IMGP0624 - コピー

「もしかして水だけでも落ちる汚れだったのか…」「今回は汚れてすぐに洗ったけど、少し時間を置いていたらどうだったのか…」と、半信半疑な思いもありましたが…

結局その後、現在まで10カ月程ベビーマグちゃんを使い続けていますが…

結論から言ってしまえば、液体洗濯用石鹸を使っていた時と変わらず、ベビーマグちゃんでも普通にちゃんと洗えています!

気になる汚れは基本、液体洗濯用石鹸を使っていたときと同じやり方で、軽く予洗いしてから洗濯機に投入しているので、よほどひどい汚れでない限りキレイに落ちています。

例えば子どものハンバーグを食べたときの汚れ。ケチャップとソースです(^^)

IMGP5577 - コピー

これを予洗いしてから、ベビーマグちゃんを入れた洗濯機で洗うと…

このようにキレイに落ちてます!

IMGP5579 - コピー (2)

ちなみに予洗いはこの石鹸を使っています。汚れ部分だけにこすりつけて軽くもみ洗いするだけでよく落ちるので気に入っています。

また、このようにカレーのシミのときは・・・

IMGP0632 - コピー

青ざらしで予洗いしても少し汚れは残っていますが、

IMGP0637 - コピー

洗濯機で洗うと、かなり薄くなりました!

IMGP0657 - コピー

その後外に干しましたが、なんと乾いたあと見てみたら、汚れがほぼ消えてました(^^)日光に当たったお陰でしょうか(笑)

IMGP0691 - コピー

他にも、ズボンについた砂汚れや靴下の汚れなども、汚れ具合にもよりますが、汚れが落ちたり、薄くなったりして普通に洗えてます。

もともと柔軟剤は使っていませんが、特に問題ないです。

というわけで、ベビーマグちゃんを使うようになっても、液体洗濯石鹸を使っていた時と変わらずちゃんと洗えている、という実感です(^^)

気になる宮本製作所「ベビーマグちゃん」の消臭力は?

次にニオイについてですが、

まずは、洗濯が終わって洗濯機のフタを開ける時。

今まで液体洗濯用石鹸を使っていたときは、なんか「モワッ!」としたニオイというか湿気?というものが感じられていたんですが、

ベビーマグちゃんにしてからは、、そのモワッと感がなく「無臭!」という感じになりました。(抽象的な説明でスミマセン(^^;)

また部屋干しの際は、Tシャツなどに鼻を近づけてもニオイが気になりません。

(なお、特にニオイが気になるものについては、ベビーマグちゃんを入れて浸け置きしておくのが効果的だそうです。)

これこそがマグネシウムの力なんだろうかと最初に感激したのを覚えています。

液体洗濯石鹸を使っていたとき以上の消臭効果があると感じています(^^)

スタッフさんに聞いたベビーマグちゃんで洗うコツ

ベビーマグちゃんの使い方について、何度か宮本製作所に電話で問い合わせたことがあるんですが、毎回詳しく丁寧に教えてくれます。

スタッフさんも実際に使われていて、使い方などのアドバイスがとても参考になりますので、不明点があるときは電話で聞いてみるのもおススメです(^^)

ちなみに、私が電話で教えてもらったアドバイスは、

●特にニオイが気になるものについては浸け置きがおススメ、あるいは洗濯機の「洗い」を15分以上に設定するのもおススメ

⚫ベビーマグちゃんが適度に洗濯物の中で泳いで攪拌するように、洗濯物の量は詰め込み過ぎないのがおススメ

●約1年使用したら、今まで使っていたものに新たに買い足して併用しても大丈夫とのこと。

ちなみに、使い続けいくと、どんどん小さい粒になっていくとのことです。そして使用後は、捨てずにネットから取り出して、肥料と同じように植物に与えることが出来るというからスゴイ!エコですよね(^^)

IMGP0462 - コピー

●あと、公式オンラインショップを見るとわかりますが、「ベビーマグちゃん」の他にも、「洗たくマグちゃん」や「ランドリーマグちゃん」という商品もあります。「ベビーマグちゃん」との違いを聞いてみたところ、

⚫中身は同じで、

違うのは、
⚫マグネシウムの容量と
⚫それが入っている物の形

とのことでした。(あと値段も)

「洗剤と併用したいか、マグちゃん単独で使いたいか」や、各家庭の洗濯物の量に応じて、あとは好みのデザインで選べばいいようです。

洗剤と併用してしまうと手間が変わらないので、個人的には「マグちゃんの単独使用」のほうが手間も減っておススメです(^^)

なお、宮本製作所の公式Facebookに、それぞれ洗剤無しで使用する場合の使用目安の記載がありました。

洗たくマグちゃん、ベビーマグちゃん、ランドリーマグちゃんの違いについて

三種類の違いは内容量の違いになります。

洗剤無しでお洗濯する場合の目安としまして

洗たくマグちゃん1個 洗濯物の量約2kg
ベビーマグちゃん1個 洗濯物の量約3kg
ランドリーマグちゃん1個 洗濯物の量約5kg
になります。

洗濯物の量に応じて選んでいただければと思います。

宮本製作所「ベビーマグちゃん」のコスパは?

ベビーマグちゃん1つの値段は税抜2,400円です。(税込で2,592円)

IMGP0486 - コピー

そして、約300回使用可能とのことで、毎日1回使って約1年使えるそうです!

IMGP0479 - コピー

ベビーマグちゃん3個購入したら、金額は税込7,776円。(←税込2,592円×3個)

このベビーマグちゃん3個を1日1回の使用で1年間使うとして12カ月で割ると…

1ヵ月あたり648円になります。(7,776円÷12カ月=648円)

ベビーマグちゃんを使うことで、

⚫約1年間、洗剤の在庫管理も不要で、買い足す手間もなし
⚫衣類に洗剤が残る心配もなし
⚫柔軟剤の購入も不要
⚫洗濯槽掃除の手間もなし&洗濯槽クリーナーの購入もなし(←今のところ)
⚫すすぎは1回で済む

という点を考慮すると、決して高い金額ではないと感じています。

むしろ、手間もかからず、エコで、時短にもなるベビーマグちゃんを使うほうがメリットが大きいと感じています。

何より、化学物質を使わない安心の天然素材で、赤ちゃんから大人まで一緒に使えて洗濯できる、衣類にも身体にも環境にも優しいというのがいいですよね。

可愛いパッケージで、出産祝いやギフトにもおススメ!

宮本製作所「ベビーマグちゃん」は、中身だけでなく、実はパッケージも可愛いんです!

IMGP0471 - コピー - コピー

↑3個セットの場合、写真だとわかりにくいですが、この3つの箱は、

こちらの透明なケースに入っています。出産祝いやギフトにもピッタリですよね。

IMGP0491 - コピー

単品でも販売されていますが、断然3個セットがおススメです。

箱のデザインも可愛い~

IMGP0439 - コピー

3色それぞれ、やさしい色合いです。

IMGP0529 - コピー

イラストも可愛いくてほっこり(^^)

IMGP0507 - コピー

各箱には、このようにベビーマグちゃん本体の他に、説明書とシールが入ってます。

IMGP0455 - コピー

シールには、ベビーマグちゃんの使用開始日を記入しておけるようになっています。洗濯機の脇などに貼っておけますね。

IMGP0467 - コピー

最後に

以上、宮本製作所の「ベビーマグちゃん」をご紹介しましたが、「洗濯物は洗剤で洗うもの」という常識を覆してくれた画期的な商品です。

赤ちゃんがいるご家庭は勿論、洗濯する方みんなに試して頂きたいですし、

洗剤選びに悩む子育てママパパに、広まってくれたらいいなと思います(^-^)

なお、我が家はベビーマグちゃんを公式オンラインショップで購入しています。

公式オンラインショップだと、
⚫新規会員登録で300ポイント貰えて、登録後そのまま購入時に使えます
⚫そして会員になると、洗濯シリーズの購入で2%(お風呂シリーズの購入で5%)のポイントが貰えて、次回以降に使えます

よかったら、ぜひチェックしてみて下さいね。

お読み頂き、ありがとうございました。

ブログランキング参加中

ブログランキング参加中

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする